海外ウェディングでより良い思い出作りを

国内と海外ウェディングの一番の差はロケーションではないでしょうか。日本とは違った場所で、空気が違い、海が青く、空が澄んで見えます。また、歴史を持った協会などは日本ではなく海外ならではのものとなっており、そういった面の良さもあります。そういった海外ならではの魅力の中で撮影した写真や動画は、時が経っても色あせない感動を与えてくれます。

また、海外ウェディングの場合ゲストが少なくなることで国内の披露宴ではほとんど話せなかったということがないようにゲストと話す時間をとれたり、写真を撮ったりすることも可能です。挙式の前後に食事をすることや観光に出るといったことをする場合もあるそうです。そのため、挙式を行うというだけではなくゲストとの思い出や、ゲストの思い出を作ることもできるようになります。

他にも、家族で行くことで親孝行をすることもできます。海外ウェディングをするのと一緒に親に家族旅行をしてもらうのも良いのではないでしょうか。また、海外ならではの美しい自然や風景の中ならではの気分の良さの中で両家族の親交を深めてもらうこともできます。そういった自分たちだけの思い出だけでなく、参加してくれた人たちへも思い出ができるようなこともできます。

海外ウェディングで人を呼ぶポイント

海外ウェディングの場合は新郎新婦のみ、もしくはその親族の方のみといった場合も多いですが、最近では友人や付き合いの深い人を招待して10~20人ほどの海外ウェディングをやる方も増えてきているようです。その場合の旅費は各自での負担となっているようです。また、海外ウェディングの場合は現地スタッフやツーリストの盛大な祝福を受けることも多く、あまり寂しく感じたなどの意見はないようです。

日本でやる場合でも最近は少人数だけでやることが増えてきているようで、親族と近しい存在の人たち、自分のことを本当に心から祝福してくれるような人だけを呼ぶといったことが多いようです。そういった方が手間や時間を割くことが減るだけでなく、質の高いより良い結婚式の思い出を作ることができるでしょう。

注意するべき点は出来るだけ早い時点で日程を相手に伝えることです。海外ウェディングは渡航の時間や宿泊する時間を相手は作らなければならないため、日程を合わせるためには国内旅行でやる場合よりも早い段階で相手へ日程が伝えられるようにしましょう。そのため、人を呼ぶ場合は相手が時間を作れるのか、無理をして作ってしまわないかなどを考え早め早めの行動をするのが良いでしょう。

海外ウェディングの企画をする

海外ウェディングをする際には、速めに準備をすることで余裕を持って行動することが大切です。昨今では海外ウェディングをする方も増えており事例が増えたため、支配会社のコンシェルジェの対応も良くなり式の準備をするのは今までよりも楽になり、準備することは効率化されています。そのため、準備をするのは思ったより簡単と感じる人も多いです。一般的に準備は半年ほど前からですが、2~3ヵ月前から準備をしている方もおり、気軽に行うことも可能です。

また、新婚旅行をそのまま一緒にしてしまうなどといったことも可能なので、そういったことに絡めるのも良いでしょう。そういった場合、海外への渡航費用が減ることやまとめて頼むことで割引をしてもらうなどしてもらうこともできます。そのため、渡航や滞在に費用がかかりますが総合的にはそこまで高い料金を使わずに行え、コストパフォーマンスもよく行うことができるでしょう。相場的には100万~120万ほどになるようです。

また、帰国後にお披露目パーティを行うということもできるので、すべて海外だけで済ませてしまうとは考えずに、国内でも1.5次会をやるといったように考え、企画するのが良いでしょう。

海外ウェディングを計画しよう

海外ウェディングは、女性はもちろん、男性にとっても記念に残す結婚式の方法として人気のあるものです。しかし、これを行うためには、それなりの企画を行うほか、様々な準備をしなければなりません。当サイトでは、海外ウェディングの企画に関する情報を紹介します。

海外ウェディングの企画で必要になる事として、まずは何より企画が肝心となります。今では企業に式の準備をお願いする事も可能になってきており、自分で全てを計画する必要性がなくなってきています。ただ、企画をお願いするにしても、ある程度の期間を要するものとなります。そのため、少なく見積もっても半年前程度の、余裕のある時間をつくり、企業にお願いする事が望ましいです。

次に、海外ウェディングを行う事において、人を呼ぶ事は必要です。これは国内で行われる結婚式でも同様ですが、大切な知人や親族、会社の同僚や上司など、あらゆる人に来てもらいたいと思われる事が多いです。海外で行う場合、アクセスがやや難しくなるため、人を集めるための方法も考えておく必要があります。

国内の結婚式との大きな差をあげるのであれば、ロケーションにあると言えます。環境の違いや雰囲気の違い、式を挙げる会場の違いというのも大きいです。これらの違いは思い出に残すためには大きく関係する事なので、悔いの残らない会場を選ぶのが良いでしょう。当サイトではこれらのような、企画に関する情報を紹介しているので、気になる方はぜひ、チェックしてみてください。