海外ウェディングで人を呼ぶポイント

海外ウェディングの場合は新郎新婦のみ、もしくはその親族の方のみといった場合も多いですが、最近では友人や付き合いの深い人を招待して10~20人ほどの海外ウェディングをやる方も増えてきているようです。その場合の旅費は各自での負担となっているようです。また、海外ウェディングの場合は現地スタッフやツーリストの盛大な祝福を受けることも多く、あまり寂しく感じたなどの意見はないようです。

日本でやる場合でも最近は少人数だけでやることが増えてきているようで、親族と近しい存在の人たち、自分のことを本当に心から祝福してくれるような人だけを呼ぶといったことが多いようです。そういった方が手間や時間を割くことが減るだけでなく、質の高いより良い結婚式の思い出を作ることができるでしょう。

注意するべき点は出来るだけ早い時点で日程を相手に伝えることです。海外ウェディングは渡航の時間や宿泊する時間を相手は作らなければならないため、日程を合わせるためには国内旅行でやる場合よりも早い段階で相手へ日程が伝えられるようにしましょう。そのため、人を呼ぶ場合は相手が時間を作れるのか、無理をして作ってしまわないかなどを考え早め早めの行動をするのが良いでしょう。